トップ > ゲストアーティスト・ゲストダンサー > Guest)Izumi Pahēpuaokalani

ゲストアーティスト・ゲストダンサー

Guest)Izumi Pahēpuaokalani


IzumiPahepuaokalaniプロフィール
3歳からフラを始め、いくつかの大会での優勝経験とともに自然とハワイの音楽に溶け込み、10歳でウクレレを始めると同時にハワイアンソングを歌う。日本やハワイでも数少ないトラディッショナル・ハワイアン・シンガーの1人。2007年には1st.アルバム「Voice of a sweet little angel」を12歳でCDデビュー。ハワイの人気ミュージシャンKuanaTorresKahele氏からレッスンを受け、“天からの柔らかい口ぶりの花”というハワイアンネーム“PAHEPUAOKALANI(パへプアオカラニ)”を授かる。2013年にKuana氏のアレンジ・演奏による、ミニアルバム「Pomaika’i」をリリース。その他ハワイの人気バンドWAIPUNA(ワイプナ)のアルバムなど、数多くのレコーディングに参加。ハワイの音楽プログラムHiSessionsに日本人として初めて出演し、ハワイアン航空のインフライトエンターテインメントにも使われている。更に2014年公開の映画「抱きしめたい」、2018年公開の映画「スマホを落としただけなのに」でも一部BGMの楽曲を担当している。